教育

教育

心を育てる子育て方法とは!

神戸市の東須磨小学校の教師のいじめの事件 を別記事で紹介しました。許しがたい所業をしでかした4人の虐め教師は、社会的にも法的にも厳しい制裁を受けるべきだと思いますが、少なくともいえる事は、あの4人を排除したところで、今の教師のレベルが上がることはないでしょう。あの問題教師は氷山の一角と考えると、誰が子供たちに「心の教育」をしなければいけないか?を改めて考えなければなりません。心の教育は親の責任で、しっかり叱ることが必要です。
教育

神戸市立東須磨小学校の教師の「いじめ」事件について。

神戸市の東須磨小学校の教師のいじめの事件が、世間の注目を浴びました。この事件ほどの子供に対する裏切りは無いでしょう。「いじめ」問題は、子供たちにとって命に係わる問題になるほど、深刻で、どう、学校内でのいじめを無くそうかとしている時、いじめを止めるはずの教師が率先して「いじめ」を行っていた事件でした。
教育

子供のいじめ問題の現状について。

子供のいじめ問題の現状についてです。いじめ問題は、昔から無かったわけではないのですし、これからも、人が人をいじめるという行為は無くならないと思います。とすれば今の社会が特徴的に持っているところは何かを考えようと思います。何かスッキリした答...
教育

人生観を子供にどう与えるか!

子供に人生観をどう伝えるかです。今の子供は、人生観、つまり「どういう生き方をするか」について親から伝えられていない子がほとんどでしょう。現代っこは心の栄養が飢餓状態の子が多いと思うのですが、その原因の一つが、褒めてもらえていないこと。そして、もう一つが、人生観について、つまりどう生きるかについて、教わってもらえていない現実があると思います。
教育

子どもとのいい関係を作るコツ!

子供との、良い関係をつくるコツについてです。このコツを身に着ければ子供との関係は劇的に変化します。これが実践できていないと、家庭では会話の少ないさみしい家庭になるし、学校の先生であればあまり好かれない先生、塾であれば、生徒の集まらない、いわゆる、はよらない塾になります。
教育

子供教育のダブルバインド(二重拘束)に注意!

ダブルバインドとは、精神医学用語で、例えば、親が子に対して、二つの相反する指導をしてしまうことで、意外と親は無意識のうちにやってしまいそうな過ちである。ダブルバインドは、子供教育にとっては、深刻な問題になってしまう場合もあります。なにが、間違っているかというと、日頃の親子間のの「コミュニケーション」の少なさです。
教育

成績を伸ばしたければまず読解力をつけさせよ!

別稿で「中1ギャップ」で子供の自己イメージにも、大きな被害を受けた話をしましたが、まったく、ゆとりだろうが、何だろうが関係のない全く影響を受けない子供もいます。今回は、確実に成績を伸ばす方法とは何か。ゆとりだろうが学級崩壊だろうが全く、関係のなくなる話です。
教育

日本人がの心の貧しさに気づくとき。

日本人は当たり前の様に自然破壊を繰り返してきました。それがおかしいとも誰も気づくことはありませんでした。残されたのは例えばコンクリートで固められた河川。悪臭とボウフラの宝庫です。日本人がの心の貧しさに気づくときは何時でしょうか。 日...
教育

心の豊かな子供について考える。

今の社会は、生きていくことに人間が疲れ果てているのか、幼少期から、豊かな心を持たなかったのかとかく、色々な場面でギクシャクすることが多い気がします。子供を心の豊かな人間に育てるには、どうすればいいのでしょうか。
教育

いじめを楽しいと思う感性について。

いじめをした子供に「いじめた動機」を訪ねると、いじめの対象になった子供の、取るに足らないきっかけがあり、「なんでそんなんで、いじめるんだ!」と問い詰めると、大抵のいじめっ子は、「楽しいから」という答えになります。そして、周りで傍観している子供にも、それを楽しんで見ているのも結構いるかもしれません。大人も同じです。今話題の神戸のいじめ教師も「楽しいからやった」です。まあ、教員という立場上、言語道断ですが、動悸としては、子供も大人もいっしょです。
タイトルとURLをコピーしました